コラーゲン通販ナビ - 食べて飲んで健康的に!TOP > 基礎知識 > ゼラチンとの違い

ゼラチンとの違い

 

ゼラチンとコラーゲンの2つは、同じなのではないかと思っている人が多いと思いますが、その通りですね。

 

この2つはほとんど同じ物と考えてもらって良いと思います。

しかし、実は少しだけ違う点があります。

 

それは、ゼラチンとコラーゲンが作られている原材料についてです。

 

基本的には、アミノ酸という成分が使われているので、同じ物から作られている成分と言えることから似ていると言えますね。

 

なので、ゼラチンが含まれているような食べ物は、同時にコラーゲンも入っているということになります。

 

言い換えると、ゼラチンとコラーゲンを同時に食べているのと同じだと言ってもいいですね。

 

とは言っても、そのように「どちらの成分も同じ物じゃない?」と言われてしまいそうですが、実はアミノ酸の結合のされ方が違っているんですよ。

 

アミノ酸同士がくっ付いて色々な成分の分子を作っていくんですが、コラーゲン分子に比べてゼラチン分子の方が、若干結合力が弱くなっています。

 

ですから、ゼラチンの方が簡単に溶けてしまいやすいんですね。

 

実際にゼラチンとコラーゲンに熱を加えて確かめてみたところ、コラーゲンは40度くらいで溶け出してきました。

 

次に、ゼラチンの場合は5度位で溶け出してきました。

 

よって、その違いは歴然としていることが分かると思います。

 

なので、コラーゲンは鍋に入れてあの熱さで溶け出してくるんですね。

 

反対に、ゼラチンは水でも溶けてしまうということになります。

 

もちろん冷た過ぎる水では溶けませんよ。

 

常温だと溶けてしまうということです。

 

このような違いがあるだけなので、基本的にゼラチンとコラーゲンは同じものと考えてもらって良いと思いますね。

 

基礎知識記事一覧

コラーゲンとは?

あなたは、コラーゲンと言うとどのようなイメージを持っていますか?例えて言うと、プルプルしたゼリー状の物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。また、女性では大切...

海洋性と水溶性の違い

コラーゲンには、「海洋性」と「動物性」の2つの種類の原材料があります。ご存知ですか?「動物性」と言われている物は名前の通り以下の物になります。・牛・鶏 ...

ゼラチンとの違い

ゼラチンとコラーゲンの2つは、同じなのではないかと思っている人が多いと思いますが、その通りですね。この2つはほとんど同じ物と考えてもらって良いと思います。しかし、実...

浸透力と保水力について

コラーゲンの効果として、浸透力と保水力が挙げられますが、その効果を得るためには、コラーゲンでも種類を選ぶことが必要になります。そこで今回は、コラーゲンの浸透力と保水力につい...

吸収性について

20代後半辺りから気になり始めるのが美肌ケアではないでしょうか。何となく気になってくる肌の老化、またはハリの無さをどうにかしたいと思っている人は多いと思います。そし...

一日の摂取量について

コラーゲンを体内に摂取する場合、いったい一日にどれだけの量を摂取すれば良いかご存知ですか?結論から言うと、大体1日に3000mg〜10000mg(3g〜10g)程が適量だと...