コラーゲン通販ナビ - 食べて飲んで健康的に!TOP > 基礎知識 > 海洋性と水溶性の違い

海洋性と水溶性の違い

 

コラーゲンには、「海洋性」と「動物性」の2つの種類の原材料があります。

 

ご存知ですか?

「動物性」と言われている物は名前の通り以下の物になります。

 

・牛
・鶏
・豚

 

これらの動物から抽出されたゼラチンのことを、動物性コラーゲンと言います。

 

一般的に出回っているコラーゲンは動物性のコラーゲンなんですよ。

 

その一方で、海洋性コラーゲンとは海の物になります。

 

つまり魚から抽出されたコラーゲンという事ですね。

 

動物性に関しては、動物が病気(感染症や狂牛病など)の場合に安全性として問題が出てくるんですが、それに対して海洋性は、病気などの心配が殆ど無いことから、比較的に安全性が高い物として認識されています。

 

※但し、養殖の魚から抽出されたコラーゲンは別になります。

 

また、水溶性コラーゲンは体内への吸収率も良いと言われていますが、熱に弱いといった性質を持っています。

 

ですから、鍋などに入れて食べるコラーゲン鍋には向いていないようですね。

 

よって、熱には動物性コラーゲンが強いと言われているので、コラーゲン鍋などに入れて食べると良いですよ。

 

同じ魚から抽出されたコラーゲンでも、どの部位から抽出されたかによってその性質が異なってきます。

 

例えば、皮や骨を基に抽出されたコラーゲンのことを「マリンコラーゲン」と呼び、鱗を基に抽出されたコラーゲンのことを「スカールコラーゲン」と呼んでいます。

 

ご存知ですか?

 

これらを合わせて「水溶性コラーゲン」と言うんですね。

 

この水溶性コラーゲンは脂肪分があまり無いので、摂取してもコレステロールを気にすることはないんですよ。

 

そして、更にはスカールコラーゲンの方は、上質なコラーゲンとも言われていて、細胞の活性化を助けてくれる働きがあるんです。

 

その為、健康にも良いと言われているんですよ。

 

ちなみに水溶性コラーゲンについては、カレイのエンガワ、ウナギの皮などにもたっぷりと含まれているので、ぜひ摂取してみてはいかがでしょうか。

 

基礎知識記事一覧

コラーゲンとは?

あなたは、コラーゲンと言うとどのようなイメージを持っていますか?例えて言うと、プルプルしたゼリー状の物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。また、女性では大切...

海洋性と水溶性の違い

コラーゲンには、「海洋性」と「動物性」の2つの種類の原材料があります。ご存知ですか?「動物性」と言われている物は名前の通り以下の物になります。・牛・鶏 ...

ゼラチンとの違い

ゼラチンとコラーゲンの2つは、同じなのではないかと思っている人が多いと思いますが、その通りですね。この2つはほとんど同じ物と考えてもらって良いと思います。しかし、実...

浸透力と保水力について

コラーゲンの効果として、浸透力と保水力が挙げられますが、その効果を得るためには、コラーゲンでも種類を選ぶことが必要になります。そこで今回は、コラーゲンの浸透力と保水力につい...

吸収性について

20代後半辺りから気になり始めるのが美肌ケアではないでしょうか。何となく気になってくる肌の老化、またはハリの無さをどうにかしたいと思っている人は多いと思います。そし...

一日の摂取量について

コラーゲンを体内に摂取する場合、いったい一日にどれだけの量を摂取すれば良いかご存知ですか?結論から言うと、大体1日に3000mg〜10000mg(3g〜10g)程が適量だと...